コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨田郡王 まんたのこおりのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茨田郡王 まんたのこおりのおう

?-? 奈良時代,文室浄三(ふんやの-きよみ)の妻。
従四位下。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)夫が施主となって,なき妻のために仏足石を刻した(奈良県薬師寺に現存)。法名は良式。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

茨田郡王の関連キーワード文室浄三奈良時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android