コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶書 ちゃしょ

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃしょ【茶書】

茶の種類,製法,喫茶法などを記載した書物の総称。中国では唐の陸羽の《茶経》が最もすぐれ,後世に与えた影響も大きい。唐から明・清時代までいくつかの茶書が存在し,各時代の茶に対する好尚を知ることができる。固型の餅茶,団茶上流階級の飲物であった宋代には,徽宗の《大観茶論》,熊蕃《宣和北苑貢茶録》があり,煎茶が普及した明代では銭椿年(せんちんねん)の《製茶新譜》や許次紓(きよじしよ)《茶疏》などが知られ,多く日本語訳されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

茶書の関連キーワード茶経(ちゃきょう)銭屋惣四郎(2代)千宗左(4代)古今名物類聚分類草人木喫茶養生記布目 潮渢茶話指月集宗旦四天王茶湯一会集松屋久政細川興文細川忠興南坊宗啓和敬清寂山上宗二細川護熙立花実山出来次第鴻池道億

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android