コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荆軻 けいか Jīng Kē

1件 の用語解説(荆軻の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいか【荆軻 Jīng Kē】

?‐前227
中国,戦国時代の刺客。衛(河南省)の人。読書,撃剣を好み,諸国を遊歴して賢人,豪傑と交わった。燕(河北省)に行って太子丹(たん)の知遇を得,太子から国難を救うために秦王政(後の始皇帝)の刺殺を頼まれた。彼は秦の亡将樊於期(はんおき)の首と燕の督亢(とくこう)(河北省固安県)の地図をたずさえ,見送る太子らに〈風蕭々(しようしよう)として易水寒し,壮士一たび去ってまた帰らず〉の歌を残して出発した。秦王に拝謁がかない,地図の中にかくした短刀で刺殺しようとして果たさず,ついに殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の荆軻の言及

【咸陽宮】より

…ところが忠孝を重んずる神仙や聖人に丹の孝心が通じ,角のある馬と白い首の烏が宮廷に来た(〈三重(さんじゆう)〉)。そこで丹は国へ帰されたが,秦を恨み荆軻(けいか)を大臣として再起を図る。始皇帝が亡命者樊於期(はんよき)の首に懸賞金を掛けていることを知った荆軻は,秦舞陽と2人で秦の都におもむく。…

※「荆軻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荆軻の関連キーワード荊軻七雄縦横家荀子九国春秋戦国時代戦国鄭白戦国七雄

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone