草の宿り(読み)くさのやどり

精選版 日本国語大辞典「草の宿り」の解説

くさ【草】 の=宿(やど)り[=宿(やど)

の上を宿とすること。また、草ぶきの粗末な庵。
※後撰(951‐953頃)秋上・二五八「が如く物や悲しききりぎりす草のやどりに声たえずなく〈紀貫之〉」
※五百句(1937)〈高浜虚子〉明治三八年「客人に下れる蜘蛛や草の宿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「草の宿り」の解説

くさ‐の‐やどり【草の宿り】

草の上に宿ること。野宿
「我が如く物や悲しききりぎりす―に声たえずなく」〈後撰・秋上〉
草ぶきの小さな家。草のいおり
「嵐吹く―に我をおきてときゆる秋かな」〈正徹千首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android