野宿(読み)のじゅく

精選版 日本国語大辞典「野宿」の解説

の‐じゅく【野宿】

〘名〙 (「のじく」とも) 野山屋外で宿泊すること。露宿。のやどり。やしゅく。
※今昔(1120頃か)二五「阿久利川の辺に野宿したるに」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「後世に名を残すほどのお人だから野宿(ノジク)もせうし」

や‐しゅく【野宿】

〘名〙 山野や屋外で宿泊すること。露宿。のじゅく。
※江都督納言願文集(平安後)五・帥三位千日講「山路難留、泣帰家園、野宿不耐、忍无陪仕」 〔陶潜‐勧農詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「野宿」の解説

の‐じゅく【野宿】

[名](スル)野外で寝泊まりすること。露宿。「山中で野宿する」
[類語]外泊泊まる寝泊まり宿泊素泊まり旅宿投宿止宿旅寝仮寝宿る合宿泊まり泊まり込む泊まり込み旅枕草枕分宿来泊泊まり掛け同宿露営宿営野営宿を取る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「野宿」の解説

のじゅく【野宿】

野山などの屋外に泊まること。露宿とも言い,宿泊形態としてはもっとも原初的なものである。日本における旅宿の発生は古代末期もしくは中世初期ころと言われるが,全国的に施設が整備されるのは近世になってからである。したがって,旅人夜露をしのぐこともできぬまま一夜を明かさなければならない時代は,相当長く続いたと言ってよい。とくに古代においては,王侯貴族でさえ野宿を余儀なくされる場合が多く,〈草枕〉が旅の枕詞とされていることが如実にそれを示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「野宿」の解説

【野宿】やじゆく

野ざらしのところでねる。

字通「野」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の野宿の言及

【柴】より

…また柴で囲って神域を示したり,悪霊から身を守ったりもした。山野で野宿する際には,四隅に柴を挿して山の神から地面を借りる風があり,こうしないと神のたたりをうけるという。頭屋神事では,祭場の中心に神の依代として柴を立てたり,祭場の境に柴を立てて神域とした。…

※「野宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android