コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正徹 しょうてつ

美術人名辞典の解説

正徹

室町前期の禅僧・歌人。備中生。字は清厳、号は招月庵。俗称は徹書記。幼時から和歌に長け、冷泉為尹に師事した。和学を究め、独自の世界を作り出し、次代への影響も深い。著書に家集草根集』『徹書記物語』等がある。長禄3年(1459)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうてつ〔シヤウテツ〕【正徹】

[1381~1459]室町前期の歌人・禅僧。備中の人。字(あざな)は清巌(せいがん)。号、松月・招月。東福寺の書記を務めたことから徹書記ともいう。歌を冷泉為尹(れいぜいためただ)・今川了俊に学び、藤原定家を崇拝し、新古今風の夢幻的で余情をたたえた歌を詠じた。家集「草根集」、歌論書「正徹物語」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

正徹【しょうてつ】

室町前期の歌人。俗名は小松正清(信清とも)。清巌,松(招)月と号し,東福寺の書記を務めたので徹書記とも呼ばれた。備中国小田荘に生まれ,10歳のころ父とともに出京,和歌を冷泉派の冷泉為尹(ためまさ)や今川了俊に学び,応永(1394年―1428年)の中ごろには出家して,東福寺に入った。
→関連項目藤原定家冷泉家

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうてつ【正徹】

1381‐1459(弘和1∥永徳1‐長禄3)
室町前期の歌人。本名は小松正清,あるいは信清。正徹は法名。別号を清巌,庵号を松(招)月庵という。徹書記の称は京都東福寺の書記を務めたため。備中国小田荘の地頭小松康清の次男として出生,10歳ごろ父に伴われ京都に出,15歳ごろにはすでに冷泉派の月次歌会に出席,のち同派の冷泉為尹(れいぜいためまさ)や今川了俊に師事した。応永(1394‐1428)の中ごろ,出家して東福寺に入る。歌風は同時代の作風にあきたらず新古今調を採り,とりわけ藤原定家の作風を理想とするその主張は,歌論書《正徹物語》にくわしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうてつ【正徹】

1381~1459) 室町前期の歌僧。字あざなは清巌(清岩)。庵号は招月または松月。東福寺の右筆であったところから徹書記と呼ばれた。冷泉為尹ためただ・今川了俊に師事。革新的歌人として二条派と対立。藤原定家に傾倒し、新古今風の夢幻的歌風を好んだ。多作で、家集「草根集」は一万一千余首を収める。歌論書「正徹物語」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正徹
しょうてつ

[生]弘和1=永徳1(1381).備中,小田庄
[没]長禄3(1459).5.9.
室町時代の歌僧。本名,小松正清。松月または招月と号し,清巌和尚,徹書記ともいう。右筆となったが和歌を冷泉為尹 (れいぜいためまさ) ,今川了俊について学び,応永の中頃東福寺に入り,書記をつとめた。応永 25 (1418) 年伊勢,尾張に旅行して『源氏物語』を講じ,『なぐさめ草』を書いた。歌風は清新で新古今調,特に藤原定家の風体を目指したが,意表に出た奇抜な作もあり,風刺的な歌を詠んで,将軍あるいは天皇の怒りを受け,流されたという伝説もある。多作で家集『草根集』には二万余首があったらしい (丹鶴叢書本に一万一千余首所収) 。ほかに『正徹千首』,歌論書『正徹物語』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正徹
しょうてつ
(1381―1459)

室町前期の歌僧。幼名は尊命丸(尊明丸)(そんみょうまる)。初名は正清(まさきよ)。出家以後正徹と称した。庵(あん)号は了俊(りょうしゅん)の号を受けて松月庵(しょうげつあん)(または招月庵)。字(あざな)は清巌(せいがん)。東福寺の書記を務めたので徹書記ともいう。備中国(びっちゅうのくに)(岡山県)小田庄(おだのしょう)の神戸(こうど)山城主小松康清(やすきよ)、または秀清の子息と伝えられる。1395年(応永2)ごろ幕府奉行治部方(じぶかた)の月次(つきなみ)歌会に出座し、冷泉(れいぜい)派の為尹(ためまさ)、為邦(ためくに)、了俊らと出会ったことが、歌人としてたつ契機となった。1414年(応永21)出家し、まもなく東福寺に入寺し、東漸(とうぜん)健易に師事した。同年4月の『頓証寺法楽(とんしょうじほうらく)一日千首』などに出詠して歌人としての力量を認められ、その後、公武僧の主催する多くの歌会に出座、精力的な歌壇活動を展開した。32年(永享4)に草庵が類火にあい、20歳以来の詠草二万数千首が灰燼(かいじん)に帰し衝撃を受けた。また永享(えいきょう)期(1429~41)には、将軍足利義教(あしかがよしのり)に忌避され、ために草庵領を没収されたり、勅撰(ちょくせん)集『新続古今集(しんしょくこきんしゅう)』に1首も入集されない悲運をなめた。義教の死後、歌壇に復帰し、晩年には将軍義政(よしまさ)に『源氏物語』を講じた。作品には、1万1000余首の家集『草根(そうこん)集』をはじめ、永享5、6、9年の年次(ねんじ)詠草があるほか、歌論書『正徹物語』、紀行『なぐさめ草』もある。藤原定家に傾倒し、「夕暮を待つに命を白鳥のとはにうき世をさそふ山風」のような夢幻的で縹渺(ひょうびょう)とした歌を詠じた。[稲田利徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正徹の言及

【草根集】より

…室町時代の正徹の家集。正徹自身の手で,ある程度まとめられ,没後それをもとに弟子の正広が編纂したと推定される15巻本(日次(ひなみ)系,1万1236首,1473年(文明5)の一条兼良の序文を付す)と,さらにそれを編みなおした類題系のものとがある。…

※「正徹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正徹の関連キーワード沙汰の限りちゃちゃと日比正広蜷川智蘊なびなび草の宿り清巌正徹服部因淑高山宗砌東常縁東氏数古物語正広極信浄信忍誓広幢心敬正敬正般

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android