客人(読み)キャクジン

百科事典マイペディアの解説

客人【まれびと】

まろうど。語源は稀(まれ)人で,遠方から稀に訪れる神聖な旅人の意。古い時代には人を仮装した神とみなして歓待し,女性が一夜妻として奉仕する習慣もあった。神は海や空のかなたから季節的に来臨するという古代信仰(えびす年神寄神(よりがみ)),大和朝の皇子の遠征物語,弘法大師をはじめとする遊行僧の伝説などは神聖な客人の思想を伝えている。客人歓待ホスピタリティ)は世界各地でみられた慣習で,食物や宿舎を与えてもてなすほか,性の歓待もみられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゃく‐じん【客人】

〘名〙
① 客として来ている人。まろうど
※発心集(1216頃か)二「彼の堂に客人のまうで来たりけるに」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「其客人(キャクジン)大はまりになって」
② 香合わせで、判定できない香に入れる札。
※雑俳・柳多留‐四六(1808)「客人でざんすと香の札を入れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

客人の関連情報