コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊州古城 けいしゅうこじょう

1件 の用語解説(荊州古城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

けいしゅうこじょう【荊州古城】

中国の湖北省、荊州(けいしゅう)(チンチョウ)市沙市(さし)区(旧・沙市)の西にある古城址。周囲9.3km、高さ8.8m、厚さ約10mの城壁が残っている。◇後漢の末期、蜀の武将・関羽が江陵城を築いたのが、荊州古城の始まりである。江陵は、長江の物流および戦略上の要衝(ようしょう)だったことから争奪の舞台になり、激しい攻防が繰り広げられた。関羽はその攻防で呉の孫権に破れ、命を落とすことになった。その後、城は南宋の時代に再建されたが、元代の初めに破壊され、明の時代にも破壊と修築が繰り返された。現存する城壁は、清の順治帝の時代の1646年に再建されたものである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荊州古城の関連キーワード荊州荊南湖北省雲夢沢おちんちん九州経史子集閨秀ちんちん電車柳果亭桂舟

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone