コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊州 ケイシュウ

百科事典マイペディアの解説

荊州【けいしゅう】

中国,湖北省南部,武漢西方200km,長江左岸の内陸河港都市。便河運河(裏河)により漢口と,太平・【ぐう】池(ぐうち)の2運河により湖南省津市常徳と通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けいしゅう【荊州】

中国、春秋時代の楚(現在の湖北・湖南)の別名。
中国、後漢末には湖北省襄陽県に、東晋・隋・唐代には湖北省江陵県に置かれた州。明代には同じく江陵県に荊州府が置かれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荊州
けいしゅう

チヤンリン(江陵)県」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荊州
けいしゅう / チンチョウ

中国、湖北省中南部の地区級市。人口643万2181、市轄区人口107万6480(2000)。1994年、沙市(さし/シャーシー)市とその周辺地区(江陵(こうりょう/チヤンリン)県など)が合併、荊沙(けいしゃ/チンシャ)市となる。96年、荊沙市の一部地区を分割し、荊州市となった。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))中流部北岸に位置し、春秋時代は楚(そ)の都として栄え、以後は長江の港として発達した歴史的都市。荊州古城、楚紀南城遺跡など史跡も多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荊州の関連キーワード馬良(中国、三国蜀の武将)天下三分の計江陵(中国)呉(三国)赤壁の戦いチンチョウれき道元万松行秀摩訶止観荊州古城欧陽山破天荒諸葛亮劉義慶職貢図九州説蒋琬中国陸遜別名

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荊州の関連情報