コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒氏稲布 あらうじの いなしき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒氏稲布 あらうじの-いなしき

?-? 奈良時代の官吏。
大宰府の神司。天平(てんぴょう)2年(730)大宰帥(そち)大伴旅人(たびと)邸の梅花の宴でよんだ歌が「万葉集」巻5におさめられている。名は「いなふ」ともよむ。
【格言など】梅の花折りてかざせる諸人(もろひと)は今日の間は楽しくあるべし(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒氏稲布の関連キーワード大宰帥

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android