コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒瀬ダム

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

荒瀬ダム

県が戦後、「球磨川地域総合開発計画」の一環として、河口から約20キロの地点に建設、1955年に完成した。ダムからトンネル発電所に導水し、年間約7500万キロワット時の電力を供給していた。2010年、水利権延長の見通しが立たなくなったことから撤去を決定。全国で初めて本格的なダムを取り壊すことになった。昨年9月1日から6年計画で工事が始まった。

(2013-08-28 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

荒瀬ダム【あらせダム】

熊本県八代市坂本町,球磨川下流にあった発電用の重力式コンクリートダム。1955年に完成したダムは堤高23m,堤長211mで,球磨川の本流をせき止めるように設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

荒瀬ダムの関連キーワード坂本(熊本県)熊本県八代市坂本[村]坂本〈村〉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒瀬ダムの関連情報