コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒瀬ダム

2件 の用語解説(荒瀬ダムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

荒瀬ダム

県が戦後、「球磨川地域総合開発計画」の一環として、河口から約20キロの地点に建設、1955年に完成した。ダムからトンネルで発電所に導水し、年間約7500万キロワット時の電力を供給していた。2010年、水利権延長の見通しが立たなくなったことから県は撤去を決定。全国で初めて本格的なダムを取り壊すことになった。昨年9月1日から6年計画で工事が始まった。

(2013-08-28 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荒瀬ダム【あらせダム】

熊本県八代市坂本町,球磨川下流にあった発電用の重力式コンクリートダム。1955年に完成したダムは堤高23m,堤長211mで,球磨川の本流をせき止めるように設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

荒瀬ダムの関連キーワード新全国総合開発計画第3次全国総合開発計画特定地域総合開発計画北上特定地域総合開発第1次全国総合開発計画第五次全国総合開発計画第2次全国総合開発計画地方総合開発計画特定地域総合開発都府県総合開発計画

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒瀬ダムの関連情報