コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷葉皴 カヨウシュン

デジタル大辞泉の解説

かよう‐しゅん〔カエフ‐〕【荷葉×皴】

山水画の皴法(しゅんぽう)で、岩や山をハス葉脈のように描く手法。中国五代南唐の董源(とうげん)が好んで用いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かようしゅん【荷葉皴】

文人画の皴法しゆんぽうの一。ハスの葉脈に似た筆致で、山や岩石の襞ひだを描き陰影を表す技法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

荷葉皴の関連キーワード文人画山水画荷葉技法筆致岩石陰影

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android