コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷重痕 かじゅうこんload cast

岩石学辞典の解説

荷重痕

荷重構造(load structure)と同義.円みを帯びた砂の突起で,重い砂がその下部の泥に沈んでできたソール・マークである.動きの方向は基本的に垂直である.この語はシュロックが初期に使用した(flow-cast)に代わるもので,flow-castは水平または水平に近い動きによって形成された構造を含むと再定義された.loadingまたはload-castingは,grooveやfluteのような初期に形成された構造を強調したもの[Kuenen : 1953].泥質堆積物の上に砂層が乗る場合に,差別的な荷重によって生じるソール・マーク.これでできた構造を荷重構造という[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

荷重痕の関連キーワードロード・キャスト荷重ポケット鱗状荷重痕サッグ構造荷重波動底痕

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android