コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻生維則 おぎゅう いそく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻生維則 おぎゅう-いそく

?-? 江戸時代中期-後期の儒者。
荻生徂徠(そらい)の孫鳳鳴(ほうめい)の養子となり,二十余歳で大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩の儒官をついだ。文政10年(1827)荻生徂徠百年忌をひらいた。本姓は浅井。字(あざな)は式卿。通称は惣右衛門。号は蘐園(けんえん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android