儒官(読み)じゅかん

精選版 日本国語大辞典「儒官」の解説

じゅ‐かん ‥クヮン【儒官】

〘名〙 儒者が任ぜられるのを原則とする官。式部大少輔、大学頭、紀伝・明経・明法・算の博士、音博士、書博士、助教、直講など。また、儒学を教授する官。
平治(1220頃か)上「彼信西と申は〈略〉大業も遂ず、儒官にも入れられず、非重代なりとて弁官にもなされず」 〔漢書‐翼奉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「儒官」の解説

じゅ‐かん〔‐クワン〕【儒官】

儒学をもって公務に就いている者。また、の機関で儒学を教授する者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android