儒官(読み)じゅかん

精選版 日本国語大辞典「儒官」の解説

じゅ‐かん ‥クヮン【儒官】

〘名〙 儒者が任ぜられるのを原則とする。式部大少輔、大学頭、紀伝・明経・明法・算の博士、音博士、書博士、助教、直講など。また、儒学を教授する官。
平治(1220頃か)上「彼信西と申は〈略〉大業も遂ず、官にも入れられず、非重代なりとて弁官にもなされず」 〔漢書‐翼奉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「儒官」の解説

じゅ‐かん〔‐クワン〕【儒官】

儒学をもって公務に就いている者。また、の機関で儒学を教授する者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「儒官」の解説

【儒官】じゆかん(くわん)

儒学を以て仕える官。〔三国志、明帝紀〕(太和二年六月詔)儒をび學を貴ぶは、王の本なり。頃(このごろ)より儒官或いは其の(適任の)人に非ず。將(は)た何を以てかを宣せん。

字通「儒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android