唐来参和(読み)トウライサンナ

百科事典マイペディアの解説

唐来参和【とうらいさんな】

江戸後期の戯作(げさく)者,狂歌師。狂名質草少々。姓は加藤。武士の出で,後,江戸本所松井町の娼家和泉屋に婿入りし,和泉屋源蔵と称した。主な作品は外題(げだい)が回文になっている黄表紙の《莫切自根金生木(きるなのねからかねのなるき)》,洒落本の《三教色》,唐人の長崎丸山遊廓での遊興唐音会話文に日本語訳を付けて描くという趣向の《和唐珍解(ほうとんちんけい)》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唐来参和 とうらい-さんな

1744-1810 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者,狂歌師。
延享元年生まれ。武家の出身だが,江戸の娼家(しょうか)の婿(むこ)養子となり,和泉屋源蔵を称した。洒落(しゃれ)本に「三教色(さんきょうしき)」,黄表紙に「莫切自根金生木(きるなのねからかねのなるき)」がある。狂歌は四方赤良(よもの-あから)の門人。文化7年1月25日死去。67歳。本姓は加藤。狂号は質草少々。号は三和ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

唐来参和

没年:文化7.1.25(1810.2.28)
生年:延享1(1744)
江戸時代の黄表紙・洒落本作者。本姓は加藤氏,通称は和泉屋源蔵。唐来参人,伊豆亭の別号がある。狂歌は四方赤良(大田南畝)門で,狂名を質草少々といった。もと身分のある某の家臣だったが,訳があって町人となり,江戸本所松井町の遊女屋和泉屋の婿養子となった。戯号の由来は,拳の掛け声「トウライ(十の意)」と「サンナ(三)」によるものとされる。戯作者志水燕十の代作者として出発(浜田義一郎説)。参和の名での洒落本の初作は『三教色』(1783),黄表紙は『大千世界牆の外』(1784)である。特に黄表紙には『莫切自根金生木』『頼光邪魔入』(ともに1785年)などの奇巧な趣向とおかしみにあふれた作が多い。寛政1(1789)年,松平定信の改革政治をうがった黄表紙『天下一面鏡梅鉢』が筆禍を得て絶版処分を受けたが,2年間のブランクののち,執筆を再開。『再会親子銭独楽』など7種の黄表紙と2種の合巻を著した。ほかにも『狂文宝合記』(1783)や『老莱子』(1784)に狂文,狂詩が収められている。式亭三馬により「戯作者六家撰」のひとりに選ばれた(『稗史億説年代記』)。

(園田豊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうらいさんな【唐来参和】

1749‐1810(寛延2‐文化7)
江戸後期の戯作者,狂歌師。姓は加藤,通称和泉屋源蔵,別号唐来山人,松下井三和,狂歌号は質草少々(しちぐさしようしよう)。江戸の人。武士の家柄で幕府の高家に仕えたというが定かではなく,同時期の黄表紙作者奈蒔野馬乎人(なまけのばかひと)(志水燕十)と同一人物との説もある。版元蔦屋重三郎の義弟となり,本所松井町(墨田区千歳)の娼家に入婿したが,晩年は離縁され落魄のうちに終わった。最初,洒落本《三教色》(1783)を書き,翌々年の《和唐珍解(ほうとんちんけい)》が長崎丸山遊廓での唐人の遊興を描き,その詞を唐音でいわせ,日本語の訳を付けるという趣向で注目をひき,黄表紙《莫切自根金生木(きるなのねからかねのなるき)》(1785)が外題(げだい)の回文(かいぶん)の趣向と,金が出来て出来て苦しむという現実を逆転させた趣向によって黄表紙中の傑作と評価され,《天下一面鏡梅鉢》(1789)は寛政改革を風刺して評判になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうらいさんな【唐来参和】

1744?~1810) 江戸後期の狂歌師・戯作者。別号、東来山人・唐来舎など。通称、和泉屋源蔵。武士の出で、本所の娼家和泉屋に入婿。狂歌は蜀山人の門。洒落本「和唐珍解ほうとんちんけい」、黄表紙「莫切自根金生木きるなのねからかねのなるき」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐来参和
とうらいさんな
(?―1810)

江戸後期の戯作(げさく)者、狂歌師。姓は加藤、通称を和泉(いずみ)屋源蔵といい、別に伊豆亭、質草少々(しちぐさのしょうしょう)と号した。某高家の家臣だったが、天明(てんめい)(1781~89)初年に町人となり、江戸本所松井町の娼家(しょうか)和泉屋の入り婿となった。洒落本(しゃれぼん)『三教色(さんきょうしき)』(1783)を初作に、奇抜な趣向と滑稽(こっけい)の才を駆使して『大千世界牆(だいせんせかいかきね)の外(そと)』、回文の題名で知られる『莫切自根金生木(きるなのねからかねのなるき)』などの黄表紙(きびょうし)を書いたが、1789年(寛政1)松平定信(さだのぶ)の改革政治を揶揄(やゆ)した黄表紙『天下一面鏡梅鉢(かがみのうめばち)』で絶版処分を受け、以後にみるべきものは少ない。ほかに洒落本『和唐珍解』、黄表紙『頼光邪魔入(らいこうじゃまいり)』などがある。[宇田敏彦]
『小池正胤・宇田敏彦他編『江戸の戯作絵本(三)』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とうらい‐さんな タウライサンワ【唐来参和】

江戸後期の狂歌師、戯作者。別号唐来山人。狂歌は蜀山人の門で、狂名は、質草少々。武士の出で、のち本所松井町(墨田区千歳)の娼家和泉屋に入婿。作品に、洒落本「和唐珍解」、黄表紙「莫切自根金生木(きるなのねからかねのなるき)」など。延享元~文化七年(一七四四‐一八一〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android