菁莪(読み)せいが

精選版 日本国語大辞典「菁莪」の解説

せい‐が【菁莪】

〘名〙 (「菁」は、しげるさま、「莪」は、あざみのこと。「詩経序‐小雅・菁菁者莪」の「菁菁者莪、楽材也、君子能長育人材、則天下喜楽之矣」による語) 人材を育成すること。英才の育成を楽しむこと。〔朱熹‐白鹿洞賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「菁莪」の解説

せい‐が【××莪】

《「詩経」小雅・菁菁者莪の「菁菁たる莪は材を育するを楽しむ、君子(よ)く人材を長育す」から。「菁」はしげるさま、「莪」はアザミ》人材を育成すること。英才の育成を楽しむこと。また、多くの人材・英才。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android