コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊弥 きくや

2件 の用語解説(菊弥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊弥 きくや

?-? 江戸時代中期の芸者。
享保(きょうほう)(1716-36)の末ごろ江戸深川仲町で小唄や三味線をおしえるかたわら茶見世をひらき,花街復興のきっかけをつくる。また豊後(ぶんご)節の太夫をまねた黒羽織の着用をはやらせ,深川芸者羽織芸者ともよばれるきっかけをつくった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊弥

生年:生没年不詳
江戸中期の踊り子(芸者)。江戸の人。享保末年,江戸日本橋芳町の踊り子であったが,追われて深川仲町に移り,小唄や三味線の師匠をする傍ら茶屋を開き,すっかり衰微していた岡場所(非公認の遊里)深川を踊り子の本場とし,吉原や品川に並ぶ繁華な遊里とする因を作った。江戸浄瑠璃の一派豊後節の流行に乗って,太夫が着用した黒羽織を愛用し,これが深川の踊り子の風儀となったため,深川の羽織芸者の最初の人として知られる。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊弥の関連キーワード藤山惟熊太祇洞房語園江戸芸者雀の踊り足筑波子石川壺月佐保穀我水木富之助

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊弥の関連情報