菊弥(読み)きくや

朝日日本歴史人物事典「菊弥」の解説

菊弥

生年生没年不詳
江戸中期の踊り子(芸者)。江戸の人。享保末年,江戸日本橋芳町の踊り子であったが,追われて深川仲町に移り,小唄三味線師匠をする傍ら茶屋を開き,すっかり微していた岡場所(非公認の遊里)深川を踊り子の本場とし,吉原や品川に並ぶ繁華な遊里とするを作った。江戸浄瑠璃の一派豊後の流行に乗って,太夫着用した黒羽織を愛用し,これが深川の踊り子の風儀となったため,深川の羽織芸者の最初の人として知られる。

(宇田敏彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「菊弥」の解説

菊弥 きくや

?-? 江戸時代中期の芸者。
享保(きょうほう)(1716-36)の末ごろ江戸深川仲町で小唄や三味線をおしえるかたわら茶見世をひらき,花街復興のきっかけをつくる。また豊後(ぶんご)節の太夫をまねた黒羽織の着用をはやらせ,深川芸者が羽織芸者ともよばれるきっかけをつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android