着用(読み)ちゃくよう

精選版 日本国語大辞典「着用」の解説

ちゃく‐よう【着用】

〘名〙 衣服につけること。
※日本後紀‐延暦一八年(799)正月庚午「、玳瑁帯者、先聴三位已上著用、自今以後、五位得同著
※富家語(1151‐61)「織物下襲はなよやかなるを参御斎会時著用常事也」 〔捜神記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「着用」の解説

ちゃく‐よう【着用】

[名](スル)衣服などを身につけること。「制服を着用する」「ヘルメットを着用のこと」
[類語]装着着装着るまとう着けるちゃくする羽織る引っ掛ける身ごしらえする身仕舞いするよそおはくかぶる着込む着こなす突っかける(尊敬)召す召される・お召しになる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android