コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池序克 きくち つねかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池序克 きくち-つねかつ

?-? 江戸時代中期の装剣金工。
稲川直克(なおかつ)に横谷派,柳川派の技法をまなび,菊池派を創始。高彫り色絵,片切(かたきり)彫り,毛彫りなどにすぐれる。江戸下谷根岸にすみ,おおくの門弟を育成。宝暦-明和(1751-72)のころに活躍した。通称は清次郎。号は草流軒,蟻洞軒,宗寿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池序克

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:宝暦1(1751)
江戸後期(宝暦~明和ごろ)の金工家。江戸下谷根岸に住したといい,通称は清次郎,号に草流軒,蟻洞軒がある。後年の入道後には宗寿とも号した。稲川直克の門下で学び,高彫り色絵と毛彫りや片切彫りを得意とし,横谷派中に有力な一家系をなすとともに多くの門弟を養成した。没年は不明ながら,作品からは64歳以上の生存が確認される。

(加島勝)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

菊池序克の関連キーワード菊池序光

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android