コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川派 やながわは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳川派
やながわは

江戸時代中期~後期の江戸の装剣金工の一派横谷宗 珉門下の逸材として名高い柳川直政 (1690~1757) を祖とし,養子の直光,直故の子直春をはじめ,一門の直克,菊池序克 (つねかつ) ,加藤直常門下の石黒政常,直春門下の名工河野春明などがおり,江戸時代末期までその繁栄はめざましいものがあった。一派の作品は主として小柄 (こづか) ,笄 (こうがい) ,縁,頭,目貫 (めぬき) などで,赤銅魚子 (ななこ) 地に高彫色絵を施したものが多く,また片切彫にもすぐれたものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

柳川派の関連キーワード柳川重信(初代)豊川光長(2代)柳川政次菊池序光大森派町彫

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android