コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うき

デジタル大辞泉プラスの解説

うき

熊本県宇城市にある道の駅。国道3号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディアの解説

うき

釣道具の一つ。〈浮き〉〈浮子〉と記す。釣糸に結んで釣針を一定の深さに保持し,魚の当りを知る。また漁網を水中に保持したり,その位置を示すための浮標(〈あば〉とも)。
→関連項目釣り

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

うきの関連キーワード三重県伊勢市村松町日本長期信用銀行ハイドロメーターカーディナル熊本県宇城市シニフィアン浮き木の亀トリアス紀切られ与三西十三条北葡萄状鬼胎浮嚢・浮囊百川子興ダスキン浮け彫り手柄岡持西九条北東九条北右京大夫西三条北

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うきの関連情報