葉守の神(読み)はもりのかみ

精選版 日本国語大辞典「葉守の神」の解説

はもり【葉守】 の 神(かみ)

樹木のを守る。樹木を守護する神。柏木に宿るといわれる。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一八三「ならの葉のはもりの神のましけるをしらでぞ折りしたたりなさるな〈藤原仲平〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「葉守の神」の解説

はもり‐の‐かみ【葉守の神】

樹木を守護する神。カシワナラなどに宿るという。
「ことならばならしの枝にならさなむ―の許しありきと」〈・柏木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android