葉守の神(読み)ハモリノカミ

精選版 日本国語大辞典の解説

はもり【葉守】 の 神(かみ)

樹木の葉を守る神。樹木を守護する神。柏木に宿るといわれる。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一八三「ならの葉のはもりの神のましけるをしらでぞ折りしたたりなさるな〈藤原仲平〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android