コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原仲平 ふじわらの なかひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原仲平 ふじわらの-なかひら

875-945 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
貞観(じょうがん)17年生まれ。藤原基経の次男。母は人康(さねやす)親王の王女。延喜(えんぎ)8年(908)参議。のち左大臣にすすみ,没時は正二位。枇杷(びわ)大臣とよばれる。昇進は弟忠平におくれたが,性温和で蓄財にたけたという。伊勢(いせ)と交流し,歌は「古今和歌集」などにはいる。天慶(てんぎょう)8年9月5日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤原仲平の言及

【伊勢】より

…伊勢と温子との仲は睦まじかったらしい。若いころに藤原仲平(のちの枇杷左大臣)との恋愛があり,贈答の作が残る。その後,宇多天皇の寵を受け,皇子を生んだ。…

※「藤原仲平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原仲平の関連キーワード源忠清(1)阿【て】河荘太宰府天満宮阿氐河荘藤原暁子明救避文貞観公卿

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android