コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉紫 ようしYe Zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉紫
ようし
Ye Zi

[生]宣統2(1910)
[没]1939. 湖南
中国の作家。本名,余昭明。湖南省益陽の人。 1926年に湖南農民運動に参加し,のち上海に出る。 33年陳企霞らと『無名文芸』を創刊。 34年中国共産党に入党し,中国左翼作家連盟にも加わる。 37年湖南に戻り病没した。『無名文芸』創刊号に発表した『豊収』が代表作となる。これに『火』『電網外』を加えて農村三部作と呼ばれる。農民運動と農村の階級闘争を描いた作品が多い。作品集に『豊収』『山村一夜』がある。死後『葉紫文集』 (2巻,1983) が出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉紫
ようし / イエツー
(1910/1912―1939)

中国の作家。本名余鶴林。湖南省益陽県の生まれ。1926年北伐軍の武漢占領後、黄埔(こうほ)軍官学校武漢第三分校に進む。27年、反革命軍によって父と姉が処刑され、復讐(ふくしゅう)を誓って流亡生活を続け、30年上海(シャンハイ)に至る。共産党との連絡を回復するが、8か月間入獄。33年6月『無名文芸月刊』創刊号に農民の反抗闘争を描いた『豊収』を発表。左翼作家連盟に加盟し、共産党に入党。魯迅(ろじん)の援助で35年3月、短編集『豊収』を奴隷叢書(そうしょ)第一冊として刊行。その後病気と貧窮のなかで、中編『星』(1936)、短編集『山村一夜』(1937)を出版。37年、故郷に戻って抗日救亡運動に参加。長編『太陽が西から出る』の執筆を開始するが、未完のうちに39年10月5日病没。『葉紫創作集』(1955)、『葉紫選集』(1959)がある。[岩松久雄]
『竹内好訳『夜哨線』(『中国現代文学選集7 抗戦期文学集I』所収・1962・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

葉紫の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生恐怖映画第2次世界大戦田坂具隆

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉紫の関連情報