中国左翼作家連盟(読み)ちゅうごくさよくさっかれんめい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国最初の統一した革命的文学運動組織。1930年3月2日上海(シャンハイ)で成立。略称「左連(されん)」。28年以来の革命文学論争で、魯迅(ろじん)・茅盾(ぼうじゅん)と敵対していた創造社、太陽社、我們(がもん)社らが小グループ主義を解消、魯迅・茅盾と連合し、マルクス主義と無産階級の立場にたつ文学者の統一を目ざした。これにより文壇における影響力は一段と強まった。36年抗日統一の機運を受けて自発的に解散するまで、蒋光慈(しょうこうじ)、銭杏邨(せんきょうそん)、沈端先(しんたんせん)、鄭伯奇(ていはくき)、馮乃超(ふうだいちょう)、胡也頻(こやひん)、田漢(でんかん)、洪霊菲(こうれいひ)、張天翼(ちょうてんょく)、艾蕪(がいぶ)、徐懋庸(じょぼうよう)ら、参加者は延べ300人に近く、東京、北京(ペキン)など各地に支部をもった。彼らは逮捕、処刑、発禁などの弾圧を冒して『萌芽(ほうが)』『拓荒者(たくこうしゃ)』『巴爾底山(パルテイザン)』『前哨(ぜんしょう)』『文学導報(どうほう)』『北斗(ほくと)』『文学月報』などの機関誌を出すほか、一般誌にも影響力をもち、茅盾の『子夜(しや)』、丁玲(ていれい)の『水』のような傑作も生まれた。魯迅を中心に瞿秋白(くしゅうはく)、馮雪峯(ふうせっぽう)、丁玲らの指導の下、民族文学派との闘い、自由人・第三種人論争、文芸大衆化の追求、新人の養成など、活発に活動したが、政治組織化の傾向を免れず、周揚(しゅうよう)らと魯迅・胡風(こふう)の間に不和も目だった。

[近藤龍哉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android