コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著聞 チョブン

デジタル大辞泉の解説

ちょ‐ぶん【著聞】

[名](スル)世間によく知られていること。
「当時天下にその名が―していた浄蔵法師」〈谷崎・少将滋幹の母〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょぶん【著聞】

〔「ちょもん」とも〕
世間によく知られること。

ちょもん【著聞】

ちょぶん(著聞) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

著聞の関連キーワード近江のお兼突き欠く立て合ふけいけい皆になる漫ろ物語死生不知念珠引き口説き言褒め喧る健やか味噌水生賢し見隠る如何体真逆様僻聞き生やか推し言聞き伝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android