董狐(読み)トウコ

デジタル大辞泉の解説

とう‐こ【董狐】

中国、春秋時代史官。霊公が趙穿(ちょうせん)に攻め殺された時、正卿である趙盾(ちょうとん)が穿を討たなかったことから、董狐は「盾、その君を弑(しい)す」と趙盾に罪があると記録した。後世、理非を明らかにしたこの態度が、孔子に大いにたたえられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうこ【董狐】

中国、春秋時代の晋の史官。晋の霊公が趙穿に殺されたのに、時の上卿趙盾は賊の穿を討たなかった。それゆえ狐は「盾その君を弑しいす」と記述したという。権勢を恐れず、歴史の真実を表すことを董狐の筆という。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android