コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

董狐 トウコ

デジタル大辞泉の解説

とう‐こ【董狐】

中国、春秋時代史官。霊公が趙穿(ちょうせん)に攻め殺された時、正卿である趙盾(ちょうとん)が穿を討たなかったことから、董狐は「盾、その君を弑(しい)す」と趙盾に罪があると記録した。後世、理非を明らかにしたこの態度が、孔子に大いにたたえられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうこ【董狐】

中国、春秋時代の晋の史官。晋の霊公が趙穿に殺されたのに、時の上卿趙盾は賊の穿を討たなかった。それゆえ狐は「盾その君を弑しいす」と記述したという。権勢を恐れず、歴史の真実を表すことを董狐の筆という。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

董狐の関連キーワード国分青厓権勢