暴君(読み)ボウクン

デジタル大辞泉の解説

人民を苦しめる暴虐な君主。
ひとり横暴に振る舞う者。「家では暴君ぶりを発揮する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 暴虐な君主。人民をしいたげる乱暴で無道な君主。
※翁問答(1650)下「心の安く静なる事は山の定れるがごとく、暴君(ボウクン)汚吏も志を奪ことあたはず」 〔孟子‐滕文公・上〕
② 勝手気ままにふるまう横暴な人。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「坊ばは其位な事で辟易する訳がない。坊ばは暴君である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暴君の関連情報