コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦原の千五百秋の瑞穂の国 アシハラノチイオアキノミズホノクニ

2件 の用語解説(葦原の千五百秋の瑞穂の国の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あしはらのちいおあき‐の‐みずほのくに〔あしはらのちいほあき‐みづほのくに〕【葦原の千五百秋の瑞穂の国】

日本の国の美称。穀物がいつも豊かにみのる国の意。
「―は、是、吾が子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき地(くに)なり」〈神代紀・下〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしはらのちいおあきのみずほのくに【葦原の千五百秋の瑞穂の国】

豊饒ほうじようの永続する国の意で、「葦原の中つ国」の美称。 「 -は、これ吾が子孫の王たるべき地なり/日本書紀 神代下訓

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone