コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦原金次郎 あしわら きんじろう

1件 の用語解説(葦原金次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葦原金次郎 あしわら-きんじろう

1850-1937 明治-昭和時代前期の名物患者。
嘉永(かえい)3年11月3日生まれ。明治14年から56年間巣鴨病院(のちの松沢病院)に入院,誇大妄想的な言動で話題となる。みずから葦原将軍と称し,金モール付きの大礼服をきて,謁見料をとったりした。昭和12年2月2日死去。88歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の葦原金次郎の言及

【葦原将軍】より

…明治・大正・昭和の3代にわたる56年間,巣鴨病院とその後身の松沢病院に入院しつづけた名物患者で,みずから〈葦原将軍〉と名のった。本名は葦原金次郎。高岡藩士の三男として生まれ,埼玉県深谷の櫛問屋に奉公したが,まもなく精神に異常をきたし,入院させられた。…

※「葦原金次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葦原金次郎の関連キーワード小野尊光天田貞吉木村恒夫小杉武司斎藤二朗鈴木諦教千宗左(12代)降矢芳郎松山茂森連

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone