入院(読み)にゅういん

精選版 日本国語大辞典「入院」の解説

にゅう‐いん ニフヰン【入院】

〘名〙
① 仏語。住職となってその寺院にはいること。じゅえん。じゅいん。
※歌舞伎・八重霞曾我組糸(1823)四立「この寺を預かりしゆゑ、入院(ニフヰン)ひろめや何やかや
② 治療や検査を受けるため、ある期間病院にはいること。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一一「入院(ニフヰン)させ手厚く治療を加へしうち」
③ 矯正教育を受けるために少年院に入れられたり、教育保護のために教護院に入れられたりすること。

じゅ‐いん ‥ヰン【入院】

〘名〙
① =じゅえん(入院)〔元和本下学集(1617)〕
② 病気やけがなどで、ある期間、病院にはいること。にゅういん。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一〇「病院に病者入院(ジュイン)の規則」

じゅ‐えん ‥ヱン【入院】

〘名〙 仏語。禅宗で新住持がはじめてその寺院にはいること。晉山(しんざん)
※円覚寺文書‐文和三年(1354)九月二二日・室町幕府追加法七一条「新命入院、毎度為寺家煩之間被年記之処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入院」の解説

じゅ‐いん〔‐ヰン〕【入院】

[名](スル)
にゅういん(入院)」に同じ。
「病院に病者―の規則」〈魯文西洋道中膝栗毛
僧が住職となって寺に入ること。
本年ことし二月の末に帰寂かくれて後住が―せしかば」〈魯文・高橋阿伝夜叉譚〉

にゅう‐いん〔ニフヰン〕【入院】

[名](スル)
院と名のつくところにはいること。特に、病気やけがの治療などのために一定の期間病院にはいること。「精密検査のために入院する」⇔退院
僧侶が住職となって寺院にはいること。じゅいん。
[類語]通院外来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の入院の言及

【住職】より

…古くからある住持職(住持)の略称。住職になることを出世(しゆつせ)といい,住職として実際にその寺に入ることを入院(じゆいん),あるいは晋住(しんじゆう),また晋山(しんざん)という。住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称や尊称がある。…

※「入院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android