コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松沢病院 マツザワビョウイン

世界大百科事典 第2版の解説

まつざわびょういん【松沢病院】

日本の代表的な公立精神病院。東京都立。日本で最初の公立精神病院として1875年(明治8)に京都癲狂(てんきよう)院が設立されたが,同院は財政的窮迫のため82年に廃院となったので,松沢病院は現存するものとしては最古の歴史をもつ。75年に養育院(東京府の窮民収容施設)内に瘋癲ふうてん)人収容のため狂人室が設けられたが,これが松沢病院の前身で,79年に東京府癲狂院として独立した。81年には本郷の向ヶ岡に移転し,86年にはさらに小石川区巣鴨駕籠町に移り,89年に巣鴨病院と院名を改称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつざわびょういん【松沢病院】

東京都世田谷区上北沢にある都立の精神病院。上野養育院の癲狂てんきよう室が1879年(明治12)東京府癲狂院として設立され、幾多の変遷を経て現在に至る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松沢病院
まつざわびょういん

東京都立の精神科専門病院。1879年(明治12)、当時、上野公園内にあった東京府養育院の癲狂(てんきょう)室を借りて、東京府癲狂院として発足、81年向ヶ丘に移転、86年小石川区巣鴨駕籠(すがもかご)町に移転。89年東京府巣鴨病院と改称。1919年(大正8)府下松沢村(現世田谷(せたがや)区上北沢)に移転して東京府立松沢病院となり、43年東京都立松沢病院と改称し、現在に至っている。なお、1882年京都癲狂院が廃止され、1924年(大正13)に県立鹿児島保養院が開設されるまで、松沢病院は道府県立の精神科病院として唯一のものであった。
 1887年から1918年まで、東京府癲狂院(巣鴨病院)内に帝国大学の精神病学教室が置かれ、患者の治療は同大学の責任で行われていた。松沢移転後はこの関係は解消されたが、その後、49年(昭和24)まで同大学の精神病学担任教授が院長を兼ねる慣習が続いた。第二次世界大戦前の指導的精神医学者の多くが、ここ(とくに巣鴨病院)から巣立ち、一時期「精神医学のメッカ」と称されていた。[岡田靖雄]
『岡田靖雄著『私説松沢病院史』(1981・岩崎学術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松沢病院の言及

【精神病院】より

…東京における精神病院の最古のものは1846年(弘化3)奈良林一徳の開設した狂疾治療院といわれている。現存する日本の公立病院の最古のものは東京府癲狂院(現,東京都立松沢病院)である。1996年現在における日本の精神病院数は1667,病床数は36万1053であり,人口1万対28.8床となり,イギリスの1万対14.8床より多い。…

※「松沢病院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

松沢病院の関連キーワード東京都世田谷区上北沢加藤 普佐次郎加藤普佐次郎中本 たか子杉田 直樹斎藤 玉男黒沢 良臣村松 常雄葦原金次郎三宅 鉱一内村 祐之金子 嗣郎大川 周明石橋 ハヤ斎藤玉男島崎敏樹大川周明葦原将軍石橋ハヤ杉田直樹

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松沢病院の関連情報