葬儀/告別式(読み)ソウギ/コクベツシキ

とっさの日本語便利帳の解説

葬儀/告別式

葬儀と告別式式次第は、仏教・キリスト教・神道などの宗教宗派の違いによってまちまちである。日取りの相談から火葬場の手配など、僧侶や葬儀社と打ち合わせて決めるよりほかない。近年はあいまいにされているが、本来、葬儀と告別式は性格の違ったものである。葬儀は親族が中心になって営むもの。そして、葬儀は基本的には宗教行事として営まれる。一方、告別式は、基本的には故人を追悼する会であって、故人が生前に属していた集団(会社や学校など)が主催して行うものである。したがって、こちらの方は無宗教であっていいし、遺族が出席してもしなくてもいい。けれども、近年では葬儀と告別式をワンセットにして行っている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android