コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火葬場 カソウバ

3件 の用語解説(火葬場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かそう‐ば〔クワサウ‐〕【火葬場】

遺体を焼く設備のある所。焼き場。荼毘所(だびしょ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かそうば【火葬場】

火葬のため死体を焼く場所。やきば。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火葬場
かそうば

平安時代以来、火葬場のことを三昧(さんまい)といった。中世以降、火屋(ひや)、火家、龕堂(ひや)などの呼称が普通となった。火屋という呼び方は関西に現在も残っているが、関東では江戸中期に使われなくなり、その後いつとはなく焼場(やきば)と変わった。明治時代以後は火葬場と焼場が併用されて現在に及ぶが、近年は地方公共団体によっては斎場(さいじょう)という新呼称を採用しているところも少なくない。史料的には、平安末期の堀河(ほりかわ)天皇の火葬場のことが『中右記(ちゅうゆうき)』に出ている例などが古いものであるが、室町時代になると、京都などの都市の火葬場のことが文献にもしばしば登場してくる。江戸時代に入ると、江戸の火葬場は小塚原(こづかっぱら)に幕府の許可を得て開かれたのが始まりで、江戸の五三昧と称された火葬場は小塚原、千駄ヶ谷(せんだがや)、桐ヶ谷(きりがや)、渋谷、炮録新田(ほうろくしんでん)の5か所であった。大坂には大坂七墓といわれる火葬場を中心とする墓地が所在し、長柄(ながら)、梅田、南浜、蒲生(がもう)、小橋(おばせ)、千日(せんにち)、飛田(とびた)などがそれにあたっていたようである。
 わが国で近代的設備をもつ火葬場が出現するのは、1878年(明治11)の京都の両本願寺火葬場が最初である。その他の地方都市でもしだいに近代的設備をもつ火葬場が現れるが、薪(まき)を主燃料とする火葬で、翌日拾骨が一般的であった。コークス、石炭、電気、重油などを使用する火葬炉の登場によって即日拾骨が可能になったのは、1927年(昭和2)6月、東京の博善社の町屋(まちや)火葬場で、重油炉2基が完成したときが始まりである。即日拾骨に伴って、火葬場のあり方も、建造物の建て方も、おのずから変化を迫られる。第二次世界大戦後は、法的規制や、地方の都市化と道路の発達などにより、多くの地方公共団体も火葬場を保有するようになり、火葬が常識化されてきて、灯油や都市ガスなどで60~70分間のうちに焼き上げ、速やかに拾骨して帰るのが全国的に一般化している。火葬場は、ごみ焼却場や屎尿(しにょう)処理場などとともに迷惑施設の一つとして、住民の設置反対運動や、地価低下に対する訴訟などが行われ、行政的には根強い偏見への対応に腐心している。しかし、しだいに公園や緑地と同じような印象をもたれうる新しい火葬場のあり方も模索されつつあり、1981年(昭和56)4月からの京都市中央斎場のような火葬場の操業を契機として、都市空間のなかでの火葬場の現代的変容が行われている。[浅香勝輔]
『浅香勝輔・八木沢壮一著『火葬場』(1983・大明堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火葬場の関連キーワードおせせの蒲焼き荼毘に付す手を焼くホルモン焼き焼場焼餅石焼き

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火葬場の関連情報