手配(読み)てくばり

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐くばり【手配】

〘名〙
※参考太平記(1689)八「寄手皆思ひ侮て、山の案内をも問ず、勢の手配をもせず、我先にとぞ寄たりける」
※大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉一〇「陰謀の与党を逮捕しようと云ふ手配(テクバリ)は」
※人情本・風俗粋好伝(1825)前「直に相談調うて、双方の手配(テクバリ)もよく、彼の赤子に金十両添へて、佐次兵衛方へ貰ひ受け」
③ 能や長唄の囃子(はやし)で、一個以上の打音が集まってできた型。

て‐はい【手配】

〘名〙
① 手わけをして準備を進めること。てくばり。
※大道無門(1926)〈里見弴〉影法師「そんなことの手配(テハイ)も、あらかたは気忠実(きまめ)な主人公の与るところだったから」
② 人を要所に置くこと。特に、犯人などを逮捕するため人々を要所に配置したり、指令を方々に出して手はずを整えること。てくばり。〔日誌字解(1869)〕
※他人の顔(1964)〈安部公房〉灰色のノート「手配のモンタージュ写真も無効になり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

て‐はい【手配】

[名](スル)
物事に先だって役割や段取りを決めたり、必要な物を用意したりすること。てくばり。「ハイヤーを手配する」
犯人・容疑者を逮捕するため、指令を発して所要人員の配置その他の活動をすること。「指名手配

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android