蒔田 広孝(読み)マイタ ヒロタカ

20世紀日本人名事典の解説

蒔田 広孝
マイタ ヒロタカ

江戸時代末期・明治期の大名,華族 総社町長。



生年
嘉永2年2月4日(1849年)

没年
大正7(1918)年3月24日

出生地
江戸

出身地
岡山県

経歴
御書院番を務める旗本・蒔田家に生まれる。安政4年(1857年)備中国井手を知行する寄合の蒔田広運の養嗣子となり、安政5年(1858年)家督を相続し、7千石を領した。文久3年(1863年)以来、羽田や江戸市中の警護に功があり、同年1万石に格上げされ、知行地の備中国井手から同国浅尾に陣屋を移し、浅尾藩を立てた。元治1年(1864年)京都見廻役を命ぜられ、同年7月の禁門の変では長州藩兵の追討に活躍。しかし、そのために慶応2年(1866年)には長州藩奇兵隊の報復を受け、浅尾陣屋を襲撃された。慶応4年(1868年)新政府側の追求を避けるべく、備中松山藩攻撃に参加し、にわかに勤王派に協力。維新後、浅尾藩知事となるが、廃藩置県で東京に移住して華族に列し、子爵を授けられた。その後、浅尾に戻り、浅尾村長を経て明治41年初代総社町長に選ばれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android