蒙求抄(読み)モウギュウショウ

デジタル大辞泉の解説

もうぎゅうしょう〔モウギウセウ〕【蒙求抄】

室町後期の注釈書。10巻。林宗二編。寛永15年(1638)刊。「蒙求」を片仮名交じり文で書き下し、注釈したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうぎゅうしょう【蒙求抄】

抄物の一。「蒙求」の注釈書。清原宣賢の抄した「蒙求聴塵」(1523年ころ成立)、清原宣賢講・林宗二抄(1534年ころ成立)などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もうぎゅうしょう モウギウセウ【蒙求抄】

室町時代の「蒙求」の講説を書きとめたもの。講者は清原宣賢。大永三年(一五二三)、享祿二年(一五二九)の講説の聞書を後にまとめたもの。一部は林宗二編。古活字本、さらに寛永一五年(一六三八)整版本として刊行。諸家の注を参照して、やさしく解釈し、片仮名交じり文で書き下したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android