コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原宣賢 きよはらの のぶかた

美術人名辞典の解説

清原宣賢

戦国時代の儒者。又国学に通ず。卜部兼倶の子、宗賢の養嗣。環翠軒と号する。薙髪して宗武と称する。越前にて天文19年(1550)歿、76才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きよはら‐のぶかた【清原宣賢】

[1475~1550]室町後期の学者。吉田兼倶(よしだかねとも)の子。清原宗賢の養子。号、環翠軒(かんすいけん)。法名、宗尤。儒学・国学に通じた。著「日本紀神代鈔」「貞永式目抄」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原宣賢 きよはらの-のぶかた

1475-1550 戦国時代の儒者。
文明7年生まれ。吉田兼倶(かねとも)の3男。明経(みょうぎょう)道の清原宗賢(むねかた)の養嗣子。正三位,侍従。享禄(きょうろく)2年出家。証本,注釈書の作成,研究書の書写,講義などを通じて清原家の経学を集大成する。越前(えちぜん)朝倉氏にまねかれ,天文(てんぶん)19年7月12日同地に没した。76歳。号は環翠軒。法号は宗尤(そうゆう)。著作に「日本書紀神代巻抄」「貞永式目抄」ほか多数。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清原宣賢

没年:天文19.7.12(1550.8.24)
生年:文明7(1475)
室町期の儒学者。吉田兼倶の3男に生まれ,清原宗賢の養子となり家業を継ぐ。号は環翠軒(祖父業忠と同じ)。文明12(1480)年3月,主水正,大炊頭を経て18年7月に蔵人に補せられ,明応9(1500)年6月従五位下,翌文亀1(1501)年1月直講となり,同年閏6月少納言に任ぜられ,永正1(1504)年昇殿を許される。8年には知仁親王(後奈良天皇)の侍読となり,大永1(1521)年4月には祖父業忠の例を襲って従三位に叙せられ,翌2年侍従,6年11月正三位となる。享禄2(1529)年2月大徳寺で剃髪,宗尤と号した。致仕後は京都で儒典を講ずるかたわら,北陸の地にしばしば足を運ぶ。3年能登の畠山義総邸で『中庸章句』を,天文1(1532)年には若狭小浜の栖雲寺に於て,守護武田氏のために『孟子』を講じた。14年,越前朝倉氏の招きで一乗谷を訪れ,『古文孝経』を講じ,同地に没した。墓は福井市禅林寺にある。 学風は新古折衷学派で,その訓釈資料の多くが清原家の嫡流舟橋家に伝えられ,京都大学蔵の清家文庫に伝存している。清原家の経学を集大成した功績は大きく,清原家証本の作成,注解のための抄物の作成,書写活動,盛んに講筵を開くなどしたことが特筆される。彼の書写したものに桃源瑞仙『史記抄』,竺雲等連『漢書抄』,一柏現震『易学啓蒙通釈口義』,一条兼良日本書紀纂疏』,吉田兼倶『日本書紀抄』,佚名述『胡曾詩抄』などがある。多芸多能で,多方面に活躍し,吉田兼倶の神道学を祖述した『日本書紀神代巻抄』,三条西実隆伊勢物語講釈の聞き書き『伊勢物語惟清抄』などを遺している。『塵芥』や『詞源要略』などの辞書の編纂にも当たった。また当時分国法の母法として重んじられた御成敗式目の注『貞永式目抄』を著した。景徐周麟ら五山禅僧の催した詩筵にも連なっている。<参考文献>山田英雄「清原宣賢について」(『国語と国文学』34巻10号)

(山崎誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよはらのぶかた【清原宣賢】

1475‐1550(文明7‐天文19)
室町後期の学者。父は吉田兼俱で,清原宗賢の養子となる。儒学・神道・明法道・国文学等多方面に明るく,《日本紀神代巻抄》《倭朝論鈔》《式目抄》等多くの著作がある。号は学統をうけつぎ崇敬する祖父清原業忠の環翠軒を用いた。1550年越前国の朝倉氏城下一乗谷で没し,今も五輪塔の一部が現地に残る。法名宗尤。清原氏は後世舟橋氏を名のるので舟橋宣賢とも呼ばれる。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きよはらのぶかた【清原宣賢】

1475~1550) 戦国時代の儒者。吉田兼俱の三男。清原宗賢の養子。号、環翠軒。公卿・僧・大名に対して新古折衷の立場で四書五経を教授。博学多才で、神道説・国文・漢詩などにも通じた。著「日本書紀神代巻抄」「伊勢物語惟清抄」「貞永式目抄」ほか多数。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清原宣賢
きよはらのぶかた

[生]文明7(1475)
[没]天文19(1550).7.12. 越前,一乗谷
室町時代後期の学者,舟橋を家名としたので,舟橋宣賢ともいう。吉田兼倶の3男。清原宗賢の養子となる。号は環翠軒。法名は常広。儒学に秀で,主水正,大炊頭,直講,蔵人を経て,大永2 (1522) 年侍従に進み,同6年正三位に叙せられた。講義の際,五経,『論語』には古注を用い,『大学』『中庸』には朱注を用いたという。また神道,国学にも通じ,『日本書紀神代巻抄』のほか,『伊勢物語』の注釈や『貞永式目抄』などの著書がある。享禄2 (29) 年剃髪した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の清原宣賢の言及

【式目抄】より

…《御成敗式目抄》ともいう。清原(舟橋)宣賢(のぶかた)の著作。1534年(天文3)成立。…

※「清原宣賢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone