蓬莱閣(読み)ほうらいかく

世界の観光地名がわかる事典の解説

ほうらいかく【蓬莱閣】

中国の山東省山東半島北端の煙台に位置し、丹崖山の山頂にある建造物。北宋時代の1061年に建造され、「仙境」ともいわれる。「海中に三仙山あり、名を蓬葉・方丈・瀛洲という。そこには仙人が住み、不老長寿の薬がある」という伝説があり、史書には「秦の始皇帝と漢の武帝が仙人と仙薬を探し求めて当所にやって来た」と記されている。また、神話「八仙、海を渡る」の八仙人が船出したところともいわれる。夏にはしばしば、規模の大きい蜃気楼が現れることでも有名である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android