コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓮華寺過去帳 れんげじかこちょう

1件 の用語解説(蓮華寺過去帳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

れんげじかこちょう【蓮華寺過去帳】

滋賀県坂田郡米原町番場の蓮華寺所蔵の過去帳。1巻。1333年(元弘3)足利高(尊)氏勢に敗れ京都を脱出した六波羅の軍勢は,5月9日近江番場宿付近で近隣の武士に襲撃され,ついに六波羅探題北条仲時以下一族与党430人余は敗死または自害を遂げた。この過去帳は,このときの死者と翌年阿弥陀峰,六条河原で誅された武士の名前と没年,法名,辞世の句を記し,回向文を付したもの。《群書類従》所収。【稲葉 伸道】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蓮華寺過去帳の関連キーワード過去帳番場朝妻青蓮華八葉の蓮四華八葉の蓮華佐々木清高俊聖番場の忠太郎