(読み)へた

精選版 日本国語大辞典「蔕」の解説

へた【蔕】

〘名〙
茄子(なす)(うり)(かき)蜜柑(みかん)などの果実についている(がく)。また、花の萼。ほぞ。〔和玉篇(15C後)〕
② 鏡のつまみ。ひもなどをつける部分。
③ ①のように、役に立たないもの。すぐ捨てられるもの。相手をあざけっていう場合に用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蔕」の解説

ほぞ【×蔕】

《「ほぞ」と同語源。古くは「ほそ」》果実のへた。〈文明本節用集〉

へた【×蔕】

トマト・柿などの実についているがく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android