蜜柑(読み)みかん

精選版 日本国語大辞典「蜜柑」の解説

み‐かん【蜜柑】

〘名〙 ミカン科の常緑小高木。高さ約三メートル。にはとげがない。葉は長卵形または披針形で翼をもつ柄がある。初夏、白い五弁花が咲く。果実は扁球形で黄色に熟し、芳香を放ち甘酸っぱい味がして生食される。古くから栽培されウンシュウミカン・キシュウミカンなど種類が多い。みっかん。《季・冬》
▼みかんの花《季・夏》 〔撮壌集(1454)〕
[語誌]この類では、古く「柑子」が伝来し、「かうじ」という字音語で呼ばれ、中古・中世、「今昔物語」や「徒然草」に見られるように、おいしい果物として大切にされた。後に「蜜」のように甘い果汁の新品種が伝えられ「蜜」と呼ばれた。当時はミッカンと音読することが多かったが、次第にミカンの形の方が一般化する。近世にはその種類も多くなり、広く栽培もされて、ミカン類の総称となった。

みっ‐かん【蜜柑】

看聞御記‐応永二七年(1420)一一月九日「当年蜜柑難得也」
浮世草子・好色一代男(1682)六「密柑(ミッカン)ひとつ、我口添しながら手から手に渡して」
[語誌]→「みかん(蜜柑)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蜜柑」の解説

み‐かん【×柑】

ミカン科ミカン属の常緑小高木。また、その実。暖地に産し、葉は長楕円形。初夏、白色の小さな5弁花をつけ、黄橙色の実を結ぶ。果樹として広く栽培され、ウンシュウミカンキシュウミカンなど多くの品種がある。たちばな。こみかん 冬 花=夏》「―の香染みたる指を洗はずに/誓子
ミカン科の双子葉植物の総称。約900種が温帯から亜熱帯に分布し、主に木本で、樹皮や葉に油腺をもつ。ミカン・キンカンカラタチなどの属を含むミカン亜科とサンショウ亜科とに分けられる。
[補説]書名別項。→蜜柑
[類語]柑橘類オレンジだいだい金柑枳殻からたち

みかん【蜜柑】[書名]

芥川竜之介短編小説。横須賀発の上り列車の二等客車の中の出来事を描く。大正8年(1919)5月、雑誌「新潮」に発表。当初は「私の出遇った事」の総題で発表された2編の小説のうちの1作で、のちに独立した作品として単行本に収録された。もう1作は「沼地」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「蜜柑」の解説

蜜柑 (ミカン・ミツカン)

植物。ミカン科の常緑有刺低木またはその果実の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android