茄子/茄(読み)ナス

デジタル大辞泉の解説

なす【茄子/×茄】

ナス科の多年草。栽培上は一年草。葉は大きな楕円形。夏から秋、紫色の花を開く。実を食用とし、果皮はふつう紫黒色で光沢があり、形は品種によって丸いものや細長いものなどさまざま。インドの原産といわれる。なすび。 夏》「採る―の手籠(てかご)にきゅアとなきにけり/蛇笏
[補説]ナス科の双子葉植物は、約2000種が熱帯から温帯に分布し、中南米に多く、ナストマトジャガイモタバコチョウセンアサガオハシリドコロなども含まれる。
茶の湯で用いる茶入れの一。丸形で口もとがすぼみ、中央がふくらんだ形のもの。

なすび【茄子/×茄】

ナス別名 夏》
紋所の名。ナスの実・花・葉を組み合わせて図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android