コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和玉篇 わごくへん

6件 の用語解説(和玉篇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和玉篇
わごくへん

『倭玉篇』とも書き,また「わぎょくへん」ともいう。著者,成立年代とも未詳。漢和辞書。漢字部首によって分類し,音と訓を片仮名で示したもの。成立後,宋の陳彭年 (ちんほうねん) らの『大広益会玉編 (だいこうえきかいぎょくへん) 』 (1013) によってその内容を整備した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和玉篇【わぎょくへん】

和玉篇(わごくへん)

和玉篇【わごくへん】

〈わぎょくへん〉とも読み,《倭玉篇》とも記す。漢和辞書。3巻。1489年,1491年の古写本があるが,成立,著者とも不詳。部首分類体の字書で,カタカナで,漢字の音を右傍に注し,下に訓を2〜3列記する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わごくへん【和玉篇】

〈わぎょくへん〉とも読み,《倭玉篇》とも記す。部首分類体の漢和字書。3巻。室町時代に《世尊寺本字鏡》などの系統を引く辞書を中心として成立したものか。中国の《大広益会玉篇》の影響を受けるものもある。古くは写本で伝わるものが多く,《篇目次第》《元亀字叢(じそう)》《玉篇要略集》などと呼ばれる異本がある。室町時代から江戸時代にかけてたびたび改編増補して刊行された。《節用集》《下学集》と合わせて室町時代の代表的な国語辞書と称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わぎょくへん【和玉篇】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和玉篇
わごくへん

部首分類による字形引きの漢和字書。三巻。『倭玉篇』とも書き、「わぎょくへん」とも読む。室町初期ごろの成立で、編者は未詳。漢字を見出し語として掲げ、傍らに字音を、下に和訓を片仮名で示してある。写本、版本の数が多く、書名も『和玉篇』のほか『大広益会玉篇(だいこうえきかいぎょくへん)』『篇目次第(へんもくしだい)』『音訓篇立(おんくんへんだて)』など多様である。『新撰字鏡(しんせんじきょう)』『類聚名義抄(るいじゅうみょうぎしょう)』『字鏡』など、なかでも『大広益会玉篇』(陳彭年(ちんほうねん)編)からの影響が大きい。成立後も種々の改編が行われ、中世語・近世語資料として重要である。[沖森卓也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の和玉篇の言及

【辞書】より

…漢字・漢語に関するものとしては,まず部首引きのものに《字鏡(じきよう)》(原本は院政時代の成立か),《字鏡集》(菅原為長著。寛元期(1243‐47)ころ,またはそれ以前に成立)が現れ,ついで,室町中期に《和玉篇》が出た。古写本,版本とも多種あって,《元亀字叢(げんきじそう)》《玉篇略》などの異称をもつ本もある。…

※「和玉篇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和玉篇の関連キーワード玉篇赤色偏移玉偏食偏倭玉篇・和玉篇倭玉篇動力片岩白色片岩閃緑片岩白扁豆

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone