蔵入・庫入(読み)くらいれ

精選版 日本国語大辞典の解説

くら‐いれ【蔵入・庫入】

〘名〙
① 蔵の中に、入れること。また、そのもの。
※浮世草子・世間胸算用(1692)四「明暦元年の四月に蔵入(クライレ)して、又取出すは今晩」
③ 貨物を普通倉庫または保税倉庫に蔵置して、保管させること。
※保税倉庫法(明治三〇年)(1897)七条「保税倉庫の貨物蔵置期限は庫入の日より満二箇年とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android