保税倉庫(読み)ほぜいそうこ

百科事典マイペディアの解説

保税倉庫【ほぜいそうこ】

保税地域の一種。税関に対し輸入手続のすまない外国貨物を保管する倉庫。保管期間2年以内で,輸入商は商機をみて貨物を引き取り,その際関税を支払う。中継貿易にも利用。設置には税関長の許可が必要。1994年4月から保税上屋(うわや)と一括されて保税蔵置場と呼ばれるようになった。
→関連項目倉庫業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほぜいそうこ【保税倉庫】

保税の状態で輸入された外国貨物を蔵置できる場所。保税地域の一つで、指定保税地域や保税上屋うわやに比べ長期間(二年間)蔵置できる。保税蔵置場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほぜい‐そうこ ‥サウコ【保税倉庫】

〘名〙 保税地域の一つ。外国貨物を保税の状態で保管することを許可された倉庫。二年以内は関税賦課が保留される。〔保税倉庫法(明治三〇年)(1897)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の保税倉庫の言及

【倉庫】より

…ベネチアで1288年に作られたドイツ人商館(フォンダコ・デイ・テデスキFóndaco dei Tedeschi)がとくに有名である。これらは一種の保税倉庫であり,〈倉荷証券〉の発行,それに対する商人の信用供与が行われた。ハンザ都市もロンドン,ノブゴロドなどに有名な商館を置いていた。…

【保税制度】より

…こうした関税徴収を一時留保し,保管,展示,加工,製造,運送などを行いうる制度を保税制度という。 日本では,指定保税地域,保税上屋,保税倉庫,保税工場,保税展示場が保税地域として認められている。指定保税地域と保税上屋は,ごく短期的な蔵置の場所であり,輸出入の通関手続等を迅速かつ簡便に行うために設けられる。…

※「保税倉庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android