コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄翅黄蝶 ウスバキチョウ

デジタル大辞泉の解説

うすば‐きちょう〔‐きテフ〕【薄×翅黄×蝶】

アゲハチョウ科のチョウ。(はね)は開張5~6センチ、黄色ないし淡黄色で淡黒色の斑紋散在、後ろ翅に橙赤(とうせき)色の紋がある。幼虫コマクサを食べ、成虫になるまで足かけ3年を要する。北海道の大雪山に多く、天然記念物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

薄翅黄蝶 (ウスバキチョウ)

学名:Parnassius eversmanni daisetsuzana
動物。アゲハチョウ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android