コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩治兵衛 さつま じへえ

2件 の用語解説(薩摩治兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薩摩治兵衛 さつま-じへえ

1831-1909 幕末-明治時代の商人。
天保(てんぽう)2年生まれ。江戸の呉服木綿(もめん)商の丁吟(ていぎん)にはいる。慶応3年日本橋に和洋木綿商店をひらき,金巾(かなきん)(白綿布)を輸入して成功した。明治15年大阪紡績会社(東洋紡績の前身)の設立に参加。明治42年2月22日死去。79歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。幼名は与三(惣)吉。隠居後は治良平。屋号は丁字屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

薩摩治兵衛

没年:明治33.2(1900)
生年:天保2(1831)
幕末明治期の輸入綿糸布商。屋号は丁字屋。近江国(滋賀県)犬上郡の農家の子として生まれる。近江出身で江戸に店を持つ呉服木綿商小林吟右衛門商店(屋号は丁吟)に奉公し,慶応3(1867)年に独立,江戸日本橋の富沢町に店を構えた。独立に際して,同じく小林商店に奉公し,すでに独立して輸入貿易商として活躍していた杉村甚兵衛から2000両の援助を受けたといわれる。薩摩もまた横浜での輸入貿易に着目し,金巾(輸入白綿布)や洋糸(輸入綿紡績糸)を扱うことで大きな利益を得た。東京のほか横浜,大阪,京都などにも支店網を広げ,明治30年代には東京で最大の綿糸布商に成長している。また,明治15(1882)年の大阪紡績会社(日本における1万錘規模の機械制綿紡績会社の嚆矢)の創立当初の株主でもあった。幕末開港を期に勃興する新興貿易商人のひとりであり,新たな綿糸布流通機構の形成者とみることができる。<参考文献>実業之世界社編『財界物故傑物伝』下

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩摩治兵衛の関連キーワード丁字丁字管丁字帯真岡木綿無丁字蒲田善兵衛きの字屋喜右衛門田附政次郎遠山孝三前川太郎兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone