薬研通吉光(読み)ヤゲンドオシヨシミツ

デジタル大辞泉の解説

やげんどおし‐よしみつ〔ヤゲンどほし‐〕【薬研通吉光】

粟田口吉光の手になる短刀の名。細川政元居城を攻められた畠山政長が、自害しようとこの短刀を腹に突き立てたが通らず、投げ捨てたところ、近くの薬研を突き通したといわれるところからの名称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やげんどおしよしみつ【薬研通吉光】

〔1493年畠山政長が細川政元に囲まれた時、吉光作の短刀で自害しようとしたが腹を貫かず、投げ捨てたところかたわらの薬研やげんを突き通したことから〕
藤四郎吉光が作った短刀の名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やげんどおし‐よしみつ ヤゲンどほし‥【薬研通吉光】

粟田口藤四郎吉光の作になる短刀。明応二年(一四九三)畠山政長が居城の河内国正覚寺を細川政元らに攻められて自害しようとした時、この短刀を突き立てたが通らず、投げ捨てたところ、近くにあった薬研を突き通したといわれるところからの名。薬研通し。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android